顕微鏡治療



歯科用顕微鏡を用いた顕微鏡(マイクロスコープ)治療のススメ

顕微鏡(マイクロスコープ)治療は私の得意とする治療で、ぜひ皆様に知っていただきたい技法です。文字通り顕微鏡を使った治療方法なのですが、歯科用顕微鏡を使うと肉眼の25倍の倍率で、患部をより確実に確認しながら治療することが可能です。歯科用顕微鏡は元は脳神経外科の手術で使われている顕微鏡を歯科用に改良し進化したもので、欧米での歯科治療現場では歯科用顕微鏡を用いた治療はスタンダードになっています。


患部を細部まで拡大した状態で見ることができる=確実で効率的な治療が可能

顕微鏡(マイクロスコープ)治療は、従来の治療では目視しできなかった患部も、細部まで拡大した状態で見ることができ、痛みや不快の原因がはっきりとわかる様になりました。治療中も患部を確実に目視できるので、虫歯の部分の削り残しも少なく余分に削らなずにすむ様になります。また、詰め物、被せ物の細かな調整もできます。今までの方法では、目視の限界にあった口腔内の患部は医師の経験や勘に基づいた不確実性のある治療になってしまうこともありました。顕微鏡(マイクロスコープ)治療により極めて確実で効率的な治療が可能になった訳です。顕微鏡と治療する患部以外を覆うラバーダムの併用で、患部をより清潔を保った状態で、施術します。

治療計画立案と治療のご説明、治療記録に。

顕微鏡(マイクロスコープ)で映った映像はテレビモニターに移すことも可能です。またビデオに録画することも可能です。私の医療チームでは、スタッフと共にモニターに映した患部を確認しながら治療計画を立てていきます。すべてのスタッフが、今、何の治療を進行しているのかを把握することは各自がすべきことを想定できますし、お互いのコミュニケーションも円滑になります。患者様にご説明するときも同様です。現在の歯の状況と治療計画をご理解いただき、治療の都度に状況をご確認いただけます。また、治療記録としても有益です。歯の治療前の状態と治療経過をビデオでいつでも確認することができます。

 

顕微鏡(マイクロスコープ)治療は、診療時間を制限される現在の保険制度ではその多くが自費治療の扱いになる事は否めません。が、綿密な治療計画と確実かつ効率的な治療とで、結果的に、すべての患者様に大きなご満足いただいていると確信しています。