ダイレクトボンディング


ダイレクトボンディングとは

私が導入を進めているダイレクトボンディングとは、お口の中で直接歯にレジン(プラスチックの樹脂)を盛って修復する治療法です。割れたり欠けたりした歯を修復したり、歯の隙間を埋めたり、歯の色を改善したりすることが出来ます。
ダイレクトボンディングに使用するレジンは保険治療で使用するレジンよりも高品質で審美性が高いものになります。さまざまな色調のレジンを少しずつ塗り重ねて形成しますので、自然な歯の色に近い美しい色合いに仕上げることができます。 

ダイレクトボンディングの症例

  • 1,

    まず唾液などによって汚染さないようにラバーダム(歯に付けるゴムのマスク)をします。

  • 2,

    レジン(プラスチックの樹脂)を盛っていくための接着剤を付けるために、歯に付いている汚れを取っていきます。当たり前ですが汚れが付いたままレジンを盛っていっても接着しません。

  • 3,

    接着処理を行います

  • 4,

    レジンを盛って完成です


ダイレクトボンディングの利点
  • 歯を大きく削ったり、歯型を取ったりする必要がないので、短期間で審美的に治療することが出来ます。
  • 健康な歯の削除量を最小限にすることができます。
  • 多数の色調のレジンを何層にも塗り重ねて行くので、天然の歯に近い自然な白さに仕上げることができます。また、使用するレジンは保険のレジンよりも高品質で変色がしにくい、強度が強いという特性を持っています。
  • 保険の金属の詰め物や被せ物と比べて硬すぎないため、咬み合う歯や周囲の歯を傷めません。
  • セラミックや金属と比べると割れたり欠けたりしやすいですが、レジンという特性上、比較的修理が簡単です。
  • 短期間で治療が終わります。
  • 歯型を採取したり、冠などの技工物を作る必要がないので、他の金属の被せ物やセラミック治療やと比べ短期間で治療を終えることが出来ます。
  • セラミック治療よりも適合性をよくすることが可能です。

ダイレクトボンディングの欠点
  • 1回の治療時間が長くなることがあります。
  • 色調の違う何種類ものレジンを少しずつ丁寧に歯に塗り重ねて行きますので、1本の歯を仕上げるのに1時間以上を要することがございます。
  • ダイレクトボンディングは保険が適用されませんので、保険のレジンよりも高価になります。
  • レジンという性質上、セラミックや金属と比べると強度の面で劣るため、欠損部が広範囲の場合には適しません。
  • また、歯ぎしりのくせがある方やかみしめが強い方にも適さない場合があります。
  • ダイレクトボンディングは歯科医師が口腔内で直接歯にレジンを塗り重ねて行くので、歯科医師の技術によって仕上がりに差が出ます。機能性、審美性を求めるために、歯科医師の日々の研鑽が重要です。

歯や欠損した部分の大きさによって、その部分をどの様な方法で修復するのが最適かは異なります。ダイレクトボンディングの様に、どの歯科治療にも技術力を伴う利点と欠点があります。様々な治療技術がある中、患者様と十分に話し合った上で選択しより良い結果が見込める施術が提供できる様、私自身、技術の向上と知識の取得を、日々精進しています。